なぜ、糖質でかゆくなるの? 【大阪西区のアトピー専門整体 中川治療室】

なぜ、糖質でかゆくなるの?

アトピーで悩む人、必見 

糖化・酸化・炎症とアトピーの関係がわかる!

甘いものはアトピーによくないけど・・・(T_T)

わかっていても食べたくなっちゃいますよね。

でも、この記事を読んでもらうと「甘いもの止めようと!」とおもちゃいますよ。

 

糖質を食べるとなぜかゆくなるのか?

今から糖化・酸化・炎症を解説しながら説明してきますね。

糖化、酸化、炎症と医学用語だけ並べると、ちょっと難しく感じるので

簡単に説明すると、甘いものを食べると体が酸化して炎症が起こるということです。

今から話す内容をゆっくりと読んでみてください。

どの段階でかゆみを作っているのか?が自分でわかるようになります。

では早速、書いていきますね。

 

糖質は体を焦がす!

糖質をとると最短15分ほどで血中の糖が増えます。 

いわゆる血糖値が高い状態です。

血糖値が高いと、タンパク質に糖がくっつき、そのタンパク質を劣化させます。

これが糖化です。

水分を除くと人の体のほとんどはタンパク質でできているので、糖化は全身で起きます。

赤血球:酸素を運べなくなる

皮膚:ターンオーバーができない

皮脂腺・汗腺:うまく機能しない

血管:動脈硬化

さらに、血行が悪いところや毛細血管が傷ついているところは糖化しやすいです。

そして、糖化が進むとそのタンパク質はAGE(終末糖化産物)という焦げになります。

この焦げがあとで厄介になってきます(T_T)

 

体内で起こる酸化とは?

人は呼吸するだけで常に酸化しているので、体中おこげを作ています。

リンゴの切り口が空気に触れて茶色になっていくのも酸化です。

この酸化に関わってくるのが活性酸素です。

活性酸素は体を守る役割もありますが、増えすぎると体を酸化させてしまいます。

この増えすぎた活性酸素を除去してくれるのが、SODという抗酸化作用のある体内酵素です。

つまり、活性酸素が増加しても抗酸化力が勝っていれば、極端な酸化も防げるということです。

活性酸素もバランスが大切ということですね。

次は糖化が酸化をすすめてしまうという話です。

糖化が酸化をすすめてしまう理由は次の2つです。

①SODの抗酸化力の低下

実は抗酸化酵素であるSODもタンパク質なので、糖化の影響を受けます。

すると当然、抗酸化力も失ってしまいます。

SODが抗酸化力を失ってしまうと、活性酸素が増えてしまい、酸化がすすんでしまいます。

②AGEで活性酸素の増加

GEで活性酸素の増加AGEは酸化してできたものなので、これ自体が活性酸素を発生します。

SODが抗酸化力を失っているので、この活性酸素を処理することもできません。

まさに歯止めが利かなくなっている状態ですね。

 

そもそも炎症とは?

炎症と聞くと悪いイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか。

確かに炎症は痛かったり、熱がでたりと不快な症状があるのでイヤですよね。

でも炎症は細菌・ウイルス・異物から体を守ったり、傷ついた体の修復しようとする生体のにとって必要な反応なんです。

風邪で喉が腫れたり発熱させてウイルスと戦うための免疫反応です。

この炎症反応がないと人は細菌感染しても、傷から菌が入っても分からず死んでしまします。

炎症は体にとって必要な反応であるということを覚えておいてください。

酸化物から炎症へリンゴは切り口が酸化しても、炎症を起こすことはありません。

これは当然ですよね。

でも人間の場合、酸化したところに対して炎症を起こします。

なぜなら人間には免疫システムがあるからです。

酸化物に対して免疫が働いてしまうのです。

糖質以外でアトピーで関係してくるのは

「油」です。

特にサ〇ダ油は酸化すると過酸化脂質になり、細胞膜に付着して異物として扱われます。

その異物を排除するために体は免疫を働かせ炎症を起こします。

「油がアトピーの原因」というのを、みなさんも聞いたことがあると思いますが、実際に外食や油ものを制限すると炎症も落ち着きます。

そのメカニズムは油が酸化し、皮脂腺で炎症を起こしているからです。

あと、チョコやポテチはダメだけど和菓子ならいいというのも聞いたことないですかね。

チョコは脂質と糖質、防腐剤が入っているので、炎症を起こしやすいんです。

でもだからといて、和菓子な食べていいというわけではありません。

和菓子でも塩と砂糖が使われているので血糖値は上がって、糖化は起きます。

糖質を減らすのもそうですが、酸化しやすい油をとらないのも、かゆみを減らす1つの方法です。

まとめ

今回、伝えたいことは、糖質を全く食べてはダメということではなく、どの段階でかゆみを起こしているか?をわかるようになって欲しいということです。

血糖値を上げやすい食事をしていないか?

酸化しやすい油をとりすぎていないか?

すでに酸化した油をとっていないか?

体が硬くて血行が悪くなっていないか?

抗酸化作用のある食材を食べているか?

メカニズムを理解して、自分で考える力を身につけてみてください。

【下記をクリックでアトピー性皮膚炎のページへ】

↓ ↓ ↓ 

アトピー性皮膚炎の専門治療/大阪(近畿・関西)/整体

 

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室