えっ!アトピーが治るってホント?アトピーのつらい痒み改善方法を教えます! 【大阪市西区のアトピー治療整体院 中川治療室】

えっ!アトピーが治るってホント?アトピーのつらい痒み改善方法を教えます! 【大阪市西区のアトピー治療整体院 中川治療室】

 

あなたは、アトピーのせいで普通の生活を我慢して悔しい想いをしてきたのではないでしょうか?

そして、アトピーに良いといわれる色々な方法を試しも満足な効果が得られず

「アトピーは一生 治らない」

と諦めかけているのではないでしょうか?

そんな あなたに、これ以上 間違った情報に惑わされほしくないのです。

なので、正確な情報をご提供させていただきますので、このまま読み進めて下さい。

きっと あなたにお役に立てる情報だと思います。

 

あなたがこれまで我慢してきたことは・・・

✔友達と旅行に行って、みんなと温泉やプールで遊ぶこと

✔肌を出して、お洒落な服を着てショッピングに行くこと

✔化粧をして、人目を気にせず楽しむこと

✔ケーキやデザードなど食べたいものを何も気にせず食べること

✔夏にTシャツを着て、海や山 プールに思いきり遊ぶこと  などなど・・・

 

「人の目なんか気にしなくていい」と自分に言い聞かせても、

「アトピーが悪化していくのが怖い」

「掻いて、荒れた肌を見られたくない」

「家族とくに子供に心配されてつらい」

「赤く腫れあがった顔を見られたくない」 とこれまで辛い時間を耐えてきたと思います。

 

そして、

「アトピーのせいで これ以上我慢するのは、もうたくさん!」

「この痒みと荒れた肌から解放されるなら何でもしたい。」

「今度こそは治るかもしれない。」そう思って、さんざん調べて当院のブログに辿り着いたのではないでしょうか?

 

アトピーに関する情報はインターネット上にあふれています。

 

これを飲むと効いた、こんな簡単な方法で治った・・・なんてありすぎてどれを信じていいのかわかりませんよね(T_T)

 

そんなあなたにまずお伝えしたいのは、アトピーの改善には何も難しいことはないということを知ってほしくてこの記事を書いています。

 

むしろ、アトピーを根本的に治すためには、今まで治ると信じて頑張ってしてきた塗り薬や漢方薬、厳しい食事制限などを「やめる」ことが必要です。

 

間違ったアトピーの改善情報に振り回されることなく、アトピー治療の軸を持ってブレない気持ちをもって頂ければと思います。

 

僕はアトピー性皮膚炎の改善に本当に必要なものだけをお伝えします!

 

もしかしたらあなたは、あれもこれも試して頑張りすぎているのではないでしょうか?

 

そんな努力家のあなたにとって、不必要なことを手放す勇気がアトピー改善の第一歩になります。

 

大丈夫です!

 

アトピーは不治の病ではありません。

 

正しい知識を持って取り組めば、時間はかかるかもしれませんが必ず改善します。

 

【アトピーを改善するためには、頑張り過ぎないことです。】

「頑張る イラスト」の画像検索結果

無数にあるアトピーの情報の中から、あなたに合った情報を見つけるのはとても難しいですよね。

試すにしても、時間もお金もかかるし、まして効果もハッキリしないものが多い。

しかも、ステロイドやプロトピックだって効かなくなってきて、この先どうしていいのかわかりませんよね。

実は、アトピーの根本的な改善には、やらないことを決めるだけ。

その理由と本当に必要なものは何か?をお伝えします。

 

【知ってましたか? アトピーは日本で多いって・・・】

 

いま日本ではアトピー性皮膚炎で悩む人が増え続けているんです。

なんと! 新生児の4人に1人がアトピー持ちと言われています。

「アトピー日本人数」の画像検索結果

そして、どこの国にも増えているのが実情です。

 

ノルウェーは成人の2%がアトピー

「ノルウェー 国旗」の画像検索結果

ノルウェイの人口は約490万人(2010)
そのうち20歳以上の人口は約75%の370万人なので
ノルウェーにおける成人アトピー人口は約7万人

 

イギリスも成人の2%がアトピー

「イギリス 祭り」の画像検索結果

イギリスの人口は約6,200万人(2010)

20歳以上の人口は76%の約4,700万人なので
イギリスにおける成人アトピー人口は約95万人

 

オーストラリアは成人の9%がアトピー

「オーストラリア」の画像検索結果

オーストラリアの人口は約2,200万人(2010)
20歳以上の人口割合は74%の1,628万人なので

オーストラリアにおける成人アトピー人口は約147万人

 

 

アトピーが多く発症している先進国に共通しているのは、。

例えば・・・

  • 一日三食 毎日自分の好きなものを食べる
  • 外食すれば、高カロリー・高塩分の美味しい食事をお腹いっぱい食べる
  • 通勤や通学など車や電車を使って自分の足で歩くことがほとんどない
  • 夜遅くまで働いて、家に帰ってもスマホやインターネットに夢中になって寝るのが深夜1時ごろ
  • 風邪をひいて、直ぐに薬を飲む

こんな生活が送れるのは、先進国だからこそです。

しかし、こんな豊かな生活は、わたしたちの自然治癒力=自然の摂理から遠ざけています。

 

【アトピーを改善するには豊かすぎる生活をやめるだけ!

では、アトピーを改善させる生活習慣とは?

アトピー発症の少ない発展途上国の生活を想像してみましょう。

  • 食事は一日三食も食べない。お腹が空いた時に、腹八分だけ食べる
  • 食べ物や水、買い物など、生活に必要なものは毎日 何キロも自分の足で歩く
  • 夜が更けたら眠って、太陽が上がれば起きる
  • 風邪をひいても、安静にして自分の力で治す

今の私たちとは、まったく違う生活ですね?

 

アトピーは、現代病です!

 

わたしたちの、豊かすぎる生活がアトピーを治らないようにしています。

つまり、アトピーを治すヒントは、今の生活の中に隠されているんです。

あなたが今、アトピーを改善するために良かれと思っている習慣がアトピーを悪化させている可能性があります。

 

アトピーを改善するには、厳しい食事制限も薬も必要ありません。

なぜなら、アトピーを治すために必要なものはすでにあなたの身体が持っているからです。

 

では、アトピーの改善に「いらないもの」と「本当に必要なもの」についてお話しします。

あなたの今までの正しいと思われている常識を一端横に置いといて、このまま読み進めてみてください。

 

【アトピーを改善するために必要な8つのこと!

アトピーに「効果的」と言われる薬やサプリメント、食べ物や習慣は沢山あります。

例えば、それらを実行したらこんな窮屈な生活ではないでしょうか?

✔ 毎食、徹底管理した食事を365日守っている

✔ アトピーの肌にいいと口コミの多いサプリメントを飲む

✔ ストレスが駄目だからと仕事も何度も辞めている

✔ ダニ・花粉・カビ対策として毎日、隅々まで掃除と水で洗濯物を洗う

✔ お風呂上がりは念入りにステロイドや保湿剤を塗る

✔ 夜、掻いてもいいように手袋をはめて寝る・・・ かなりストイックな生活ですね。

このようなストイックな生活って逆にストレスだと思います。

いろんな制限を頑張りすぎて、それが逆にストレスとなって心身ともに疲れ果ててる人も大勢います。

もちろん、体によいこともありますが、「常識」に縛られすぎていては、アトピーは治らないのです。

もっと気軽になってください。

あなたは、いま「しなくてもいいことを頑張っている」可能性があります!

色々、試したい気持ちもわかりますが、新しいことをやるより、いまやっている習慣を見直した方が

簡単じゃないですか?

 

アトピーを完治するために、本当に大事なことはそんなに多くはありません。

 

アトピーを治すために、不要な8つのものはこちらです

  1. 「アトピーを薬りで治そうと考える」のをやめる
  2. アトピーは一生治らないという誤解を、捨てる
  3. 厳しい食事制限は必要はない
  4. お風呂で石鹸やシャンプーをつかわなくてもいい
  5. 保湿は乾燥している所だけでいい
  6. ステロイドを減らしていくことで、アトピーは改善できる
  7. 心配しなくても大丈夫。アトピーは治る
  8. 「制限しなければいけない!」は必要ない

それでは、一つずつお話ししていきます。ボリュームのある記事なので、ゆっくり理解しながら読み進めてくださいね。

1:「アトピーは薬で治そうと考える」のをやめる

「ステロイド」の画像検索結果

 まずアトピー治療の大前提をお話しします。

あなたが「アトピーの完治」を目標にしているのなら、ステロイド薬は必要ありません。

アトピー治療の薬とされるステロイドは、アトピーの根本的な治療のためには作られていません。

ステロイドは炎症を止めるだけでしかありませんし、そもそもステロイドを塗って治っているのならとうの昔に治っているはずですよね。

アトピーを、治してくれるのはあなたの持っている「自然治癒力」でしかありません。

 

【アトピーの改善で本当に必要なもの ~強い決意~】

あなたが「自分で治す」という気持ちを持つこと

 いままで薬を塗ってきて、強いかゆみに悩まされていな状態を維持しているのなら意識していなくても「薬を使い続けていればましだしな。」と考えているはず。

炎症が悪化したら、「薬の量を増やせばいいし」と考えるのは捨てて下さい。

アトピーは、あなたの持っている力で治すことしかできなのですから。

なによりも大事なのは、薬ではなくて「自然治癒力」。

切り傷が勝手に治ってくれるのと同じ働きで、アトピーも治すことができます。

それについては、このあと詳しくお話ししますが、常に「自分で治す」という意識を持つことを忘れないようにしてください。

 

2:アトピーは一生治らないという誤解を、捨てる

「悩み」の画像検索結果

アトピーはたくさん誤解されています。誤解を解かないかぎり、あなたはこれからも迷い続けてしまいます。

アトピーで誤解されている代表的なものです↓

  • アトピーはあなたの肌が弱くて炎症を起こしている
  • アトピーの原因は、食べ物やダニ、ハウスダスト・親からの遺伝子が悪さをしている
  • アトピーは原因不明の難病。
  • アトピーは一生治すことはできない

 アトピーは、あなたの体が本来の健康的な体に戻っていくための反応なのです。これについて、具体的にお話しします。

 

アトピーは体の老廃物を排泄するための大掃除

「アトピー排泄」の画像検索結果
実は、アトピーは意味を持っています。アトピーの症状は「皮膚からの老廃物の排泄」なのです。

排泄とは、体の中で不要になったもの(老廃物)を外に出す働き。

 

便、尿、汗が代表的ですね。

 

老廃物の排泄量は75%が便から排泄されます。尿による排泄量でさえ20%で

実は汗による排泄は残りの5%にすぎません。

この5%の排泄量を越えてしまうと肌はどうなるか?想像できますよね。

 

皮膚は荒れるのみ!

 

生きていくために欠かせない機能には、呼吸、消化、血液の循環、体温調節などがありますが、それらの機能を行うことで身体に不要な物が老廃物です。

その老廃物を体の外に出すのが「排泄」です。

人は、きちんと排泄ができないと健康に生きることができません。

例えば、2週間便秘だったら、体がおかしくなるのは想像できますよね?老廃物は、体外に出さなければ病気になってしまいます。

しかし体が不調の時は排泄機能が低下し、老廃物が溜まっていきます。私たちは、知らず知らずのうちに「いらないもの」を溜めこんでいるのです。

 

 【アトピーの改善で本当に必要なもの ~日常生活~】

・体内のいらないものを排出する

→つまり、炎症は薬で抑えるのではなく自然治癒するまで待つ

 ・毎日の生活で、体にためこむ不要なものを取り入れないようにする

→食事を見直す

 ・しっかり排泄ができるような体づくりをする

→睡眠不足に気をつける、適度な運動をする、しんどい時には無理せず休む
基本的な「健康を維持するための習慣」もアトピーの改善に多いに役立ちます。

この3点を同時に行っていくことが必要です。

 

3: 厳しい食事制限は必要ない

「食事」の画像検索結果
アトピーと食事には深い関係があります。

「食事を見直せば、アトピーを改善できる!」と言えるくらい大事けれど、どの食事法が本当に正しいのか見極めできていますか?

 

食事を制限しすぎると逆にアトピーは治らない

アトピーを改善すると言われる食事療法には、玄米、マクロビオティック、ファスティングなど、色んなものがあります。

 

全部試して、自分に合うものを探せたらベストですが、お金も時間もかかってしょうがないです。

しかも厳格な食事制限は、逆効果になることもあります。

 

アナフィラキシー症状(即時型アレルギー)を起こす食物は制限する必要がありますが、アトピーによくないからと一般的に言われているものを極端に制限するのは体の再生機能を低下してしまいます。

 

食物アレルギー=アトピーの除去食と考えてしまうと、本来、体にとって必要な栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)まで減らしてしまうってどうなの?

 

体に必要な三大栄養素って「炭水化物」「脂質」「タンパク質」なんですよ。

それを極端に制限して栄養状態の悪化が進むと、皮膚の再生能力も弱まり、アトピー自体の治りが悪くなる悪循環に陥ってしまいます。

 

 食事制限がストレスにならないためにも

厳しい制限につきものなのは「ストレス」です。

アトピーによくない食事を徹底的に排除すると、外食はほぼ無理ですし、家族や友人と食事に出かけることも憂鬱になってしまいがち。

みんなと楽しく食事したいけど、医者から食べたらダメっていわれてるしな

友達に会うのも億劫になってきた。人付き合いが悪くなってしまう…

あまり外出したくないな

そんな悩み、どんどん抱えてしまいますよね。

 

本来、食事は楽しむものです。

食事の行為がストレスになっていては、いくらアトピーに良いものを食べても、体に悪い影響を与えてしまいます

 

 とはいえ、アトピー改善にぜひ取り入れたい食事のポイントがあります。

 【アトピーの改善で本当に必要なこと ~食事のポイント~】

・1日2食にするなど、小食をこころがける

→お腹が減っていないのに、無理やり朝、昼、晩と食べていませんか?

食べ過ぎると、体は消化のためにエネルギーを使いつづけて、胃や腸は疲れきってしまいます。

本来、肌の治癒に使うエネルギーも使ってしまうことになります。

お腹が減った時に、腹七分目の食事がベストです。

一日三食食べなければいけない、とういルールは無視しましょう。

あなたのお腹が教えてくれますよ。

グーってお腹を鳴らせて!

 ・季節の野菜を食べる

旬の野菜には、その季節に合った働きがあります。

日本には春夏秋冬の四季があります。そして、夏野菜は体を冷やし、冬野菜は温めてくれます。

例えば、冬に夏野菜ばかり食べていては、体を冷やしてしまいます。

旬の野菜を食べることは、美味しいだけでなく、体にも優しいのです。

 ・昔ながらの調味料を使うようにする

→できれば、化学調味料などの少ない食事を心がけたいです。

化学調味料といえばカタカナで書かれているのがそうです。

まず手始めに、調味料から変えてみてはいかがでしょうか?

実は、醤油やみりん、味噌にも添加物が多く含まれています。

毎日使うものだからこそ、化学的なものが入ってない調味料を選ぶ。

 

本物の調味料とは?

1.昔ながらの製法で作られている

2.食品添加物を一切加えられていない

 このような点を心がけながら、自分のアトピー症状に合った調味料を見つけてみるのも有効です。

なによりも食事を楽しむ気持ちを忘れないでくださいね!

 

4:お風呂で石鹸やシャンプーは、いらない

「お風呂 体洗う」の画像検索結果

アトピーの炎症がひどい時、お風呂がリラックスできないこともありますよね。

シャワーの水がしみたり、無添加の石鹸やシャンプーを使っていても傷口が痛むこともあると思います。

そんなあなたにオススメしたいのは「ボディーソープや石鹸を使わない」ことです。

「ボディーソープや石鹸を使わないなんて、不潔!」そう思いますか?

けれど、体の汚れやほこりは、お湯で十分落ちます。

ですがボディソープや石鹸で体を洗うと、保湿成分を作り出して肌を弱酸性に保ち、菌などを寄せ付けないように守ってくれる常在菌も必要な油皮脂も過剰に落としてしまって乾燥がひどくなります。

 「アトピーだからこそ、ボディーソープや石鹸で清潔にするべき。」そう思うかもしれませんが、過剰に清潔にすることがアトピー増加のお手伝いをしてしまいます。

 

 【アトピーの改善で本当に必要なこと ~お風呂~】

・お風呂では、髪も体もお湯洗い

→ボディーソープも石鹸もいりません。お湯で洗うだけで十分に汚れは落ちます。

 お湯シャンプーのやり方を載せておきますね。

  1. シャンプー前にブラッシングして髪の毛のほこりやゴミを取り除いておきます。
  2. 35~37度のぬるま湯で頭皮をマッサージして流す(2~5分程度)
  3. 洗髪を終えたらタオルで髪をはさみ、押さえるように水分を拭き取ります。

 いままで自分に合ったボディーソープや石鹸を探し回ってきたのではないでしょうか?

体も髪もお湯洗いに切り替えることで、お風呂のストレスも一つ減るはずです。

 

5:保湿は乾燥しているところだけでいい

「クリームを塗る」の画像検索結果

「お風呂あがり、一刻も早く保湿をしなくちゃ!」そんな毎日を送っていませんか?

実は、その「保湿剤」もアトピー改善には必要ないものです。

アトピーには乾燥が大敵ですが、実は「保湿を全身にすること」でアトピーを治りにくくしているのです。その仕組みをご説明します。

 

乾燥していないところまで保湿すると肌の生まれ変わりを邪魔している

「新陳代謝 肌」の画像検索結果
肌の乾燥がなぜ起こっているのか?それは、肌の水分保持力が低下しているからです。

それでは、肌のうるおいはどのような仕組みで守られているのでしょうか?

それは3つの保湿因子である皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質(セラミド)という3つの物質によって守られています。

ですが、アトピー性皮膚炎の場合 炎症により天然保湿因子と角質細胞間脂質(セラミド)が欠如していることが知られています。

すると、体内部の水分はどんどん体外に出ていくため肌は乾燥していきますよね。

だから、乾燥しているとろこだけ保湿すればいいんです。

 

全身に塗らないといけないと保湿依存状態になっていませんか?

保湿剤が手放せない…そんなあなたは、保湿依存になっていませんか?

保湿依存状態に陥ると、乾燥していないところまで保湿すると本来肌が持っている「潤す力」が弱まってしまうのです。

いままで保湿をし続けていても、乾燥肌が改善することは無かったのではないですか?

 肌の潤いを取り戻すには、「乾燥しているところにだけ保湿をする」ことが必要です。

 

6:ステロイドを少しずつ減らしていくとアトピーは改善できる

「ステロイド 肌」の画像検索結果

では、アトピー改善のために、最も重要なことをお話しします。

アトピーの改善で、何よりやめるべきなのは、「ステロイド」です。

えっ? ステロイドで治るんじゃないの!

むしろ逆です!ステロイドがアトピーが治らなくなってしまいます。その仕組みをお話していきます。

 

アトピーはただの肌荒れではない

アトピーの炎症の正体は、あなたの体の中のいらないものを外に出すための「排泄」です。

いらないものが溜まっている実感は無いかもしれませんが、私たちは想像以上にいらないものを摂り込んでいます。

添加物や薬剤、大量の砂糖や悪い油も、知らないうちに取り込んでいます。

それらを体から出すために、「排泄」という働きで便・尿・皮膚から出します。

アトピーは、あなたの体がより健康になるために選んだ手段で、ただの肌荒れではありません。

 

ステロイドがアトピーに不要な理由

ここでもう一つ知っていてほしいことは、ステロイドはアトピーを治す薬ではなく、炎症を抑える薬だということです。

ステロイドがアトピーの「炎症のみ」を抑え込む働きがあります。

けれど、皮膚を萎縮させ免疫を低下させているのです。

 アトピーは、いらないものを出し切るための働き。

けれど、ステロイドは、皮膚を萎縮させ弱くし、免疫を低下させるため感染を起こしやすくします。

ステロイドを塗る→少しましになる→再発する→またステロイドを塗る→再再発する。これを延々に繰り返してしまいます。

つまり、ステロイドを使っている限り、アトピーが治らないという悪循環が続いていきます。

 

 【アトピーの改善で本当に必要なこと ~脱ステロイド~】

・アトピーの痒みから解放されたいのであれば、体内のいらないものを出しきる

→ステロイドを使っている場合は痒みや赤みが強いところだけ塗って、炎症が少しずつ治まるのを自然治癒にまかせる。

徐々に自分の体調に合わせて、脱ステロイドを始める。

 

脱ステロイド中に症状が酷くなってしまったら

ステロイドをやめることは、アトピー完治には欠かせないことです。

けれど、やめた途端に炎症は悪化して赤く腫れあがりますし、肌がボロボロと剥がれ肌荒れに耐えるのは楽なことではありません。

しかし、その炎症の悪化もいままで薬で抑えつけられてきた排出が始まった証拠。

本来の体の力が発揮されていることなのです。

脱ステロイドは、恐いし勇気のいることです。

けれど、アトピーの完治した状態とは「ステロイドを使わなくても、炎症がない肌を維持ができる様になって、つるつるの肌にもどること」です。

その目標を胸に、私と一歩踏み出してみませんか?

 

7:心配しなくても大丈夫、アトピーは治る

「笑顔 外人」の画像検索結果
アトピーによる痒みも、肌が荒れるのも、簡単には治りません。

肌が荒れると人に会いたくなくなるし、何十年も悩み続け色々なことを試しても治らないと諦めてしまう。

でも、そんな辛い想いをこれからしなくてすむ、毎日を過ごしていきたいですよね?

アトピーとストレスには大きな関係があります。

言い換えると、アトピーは治る病気なんだと気持ちを切り替えると治りが早くなる、ということでもあります。

「アトピー症状を乗り切るためにはなによりも前向きな気持ちが大事」

 症状が悪化した時には、個々の状況に応じていろいろな対処法があります。

激しいかゆみが続き、眠れない夜が続き、そして不安定な精神状態が続きます。

症状がいったん治まったと思っても、半年後や1年後、あるいは2年後など、季節が変わるたびに悪化することがあります。

そんな時は、「またか」と気分が沈んでしまいます。

それでも、ただひとつ有効な手段をあげるとするなら「私のアトピー性皮膚炎は必ず治るんだ」と言い続けること。

実際、肌が荒れていると自信がなくなってしまうかもしれません。

けれど、あなたがアトピーを治そうと努力する過程において必ず必要なことで、決して悪いことではありません。

どうかその肌がボロボロと荒れても、かゆみが酷くなってもあなたが「アトピーは治るんだ。」と思い続けると、あなた自身の体が自然治癒力を高めてくれます。

 

8:「制限しなくてはいけない!」は必要ない

「楽しい」の画像検索結果

アトピーを改善するために、がんじがらめの毎日を過ごしてませんか?

あれもこれも禁止 外食も出来ない、好きな食べ物も我慢しないと…と、いろんな制限をして窮屈ではないですか? 

アトピーに必要なものは「制限」ではありません。自然治癒力を高めるだけです。

 

【本当に必要なもの ~まとめ~】

 ・「アトピーは自分の力で治す」という決意

→「アトピーを治したい。」そう思って、当院のブログに辿りついたのではないでしょうか?

あとは、人に治してもらうではなく、自分で治すと決めることです。

 ・あなたの持つ「自然治癒力」を信じて下さい。

→アトピーを治す力はもうすでに持っています。

いままでは、うまく使えていなかっただけです。アトピーは、なにかを制限しているだけでは決して治りません。それよりも、自信を持って、あなたの持つ自然治癒力を高めてあげることが必要なのです。

アトピーの症状が出やすい人には、とてもがんばり屋さんで真面目な人が多いです。

あれやこれやと自分に制限をかけるよりも、自分の持っているものに目を向けて、アトピーの正しい知識を知って「排泄」のお手伝いをしてあげてくださいね。

 最後にもう一度。アトピーは、必ず改善します。アトピーで悩むことのない日が一日でも早く来るのを、心より願っています。

 

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室