『アトピー性皮膚炎』糖化対策と寝る前の痒み対策 大阪西区の中川治療室

『アトピー性皮膚炎』糖化対策と寝る前の痒み対策 大阪西区の中川治療室

昨日の反響がとても多くてビックリしております!
ありがとうございます🤗

ご質問がありましたので、今回は2つ「糖化対策」についてと「寝る前に痒みが強くて眠れない」についてお伝えしていきます。

前回の復習ですが、食事をとり、炭水化物を摂取すると炭水化物は腸で分解吸収され血糖値が上昇します。

血糖値の上昇に対して膵臓からインスリンが分泌されて、一定の範囲以内に血糖がコントロールされるようになっています。

グルコースをはじめとする糖質は、体のエネルギー源としてとても大切である半面、体中にあるタンパク質と反応して細胞を劣化させることがわかっています。

これを糖化といいます。

甘いものを食べた時に痒くなるメカニズムにはこの糖化が関係しています。

そして、当院でも多くの方が訴える悩みとして痒みは昼間であればあまり感じないけど、仕事が終わってホッとした時や特に、寝る前や寝ているときは無意識になるので、かゆくてどうしようもないと相談をされます表情悲しい

その場合は夕食や寝る前に食べるものに気をつけてください。

食べ物以外にも、自律神経や筋肉・骨格の自己調整法もありますので興味ある方は個別にお伝えいたしますので、LINEから『寝る前の対策希望』と送ってください万歳

個別にお伝えいたします。 『イイね手』もお願いしますね(笑)

 

日常生活でできる糖化予防対策

まず大事なのは、食事で食べる順番です。

主食のパンやごはんといった炭水化物を摂る前に、食物繊維が豊富な野菜やキノコ類、たんぱく質を含む肉・魚類を食べるのが基本です。

ですが、洋食でも、サラダに始まり次にメインディッシュ、最後に炭水化物を食べるというのもいいですよ。

また、AGE(糖化最終生成物)を下げる効果がある緑茶カテキンも、食事と一緒に摂るのもいいですね。

血糖値が一番上がるのは食後1時間。食べて直ぐに寝るというライフスタイルは危険です。

そして、糖化は痒みの大きな原因です、自分の努力で糖化を抑制することができます。

夕食を見直すことで寝る前や寝ている時の痒みは直ぐには治まらないかもしれませんが、必ず身体は反応してくれますよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【中川治療室 LINEのタイムライン】
こちらをクリックすると記事が読めます。
お得な特典をご用意しておりますので、ご予約をしようか迷っている方は「追加」して登録だけでもしておいてください。
⇓ ⇓ ⇓
中川治療室

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室