産まれてすぐアトピーを発症し大人になり再発【大阪市、アトピー専門治療、中川治療室】

産まれてすぐアトピーを発症し大人になり再発 【大阪市、アトピー専門治療、中川治療室】

大阪市西区のアトピー治療専門 中川治療室の中川 展志です。

今日は産まれてすぐアトピーを発症。ステロイドや漢方、食事療法などさまざまな療法を試すも思うような効果が得られず、社会人になってさらに悪化してしまったS様の症例報告です。

 

鈴木さん(仮名)が初めて来院されたのは2017年の11月。

たまたまスマホを見ていて「私と同じ体験をして、ここならアトピーを治せるかもしれない」と期待され来院されました。

 

お仕事はシステムエンジニアさんで、朝早くから夜遅くまでハードな毎日を過ごされています。

食事も不規則になりがちで、ご自身でもアレルギー食を参考に料理をされています。

初回の写真 ↓

アトピーの症状は産まれてすぐにあり、顔ほほやひたいでていました。

皮膚科でステロイドや保湿剤、漢方などで治療を行っていて良くなったり、悪くなったりをくり返しているうちに、小学校5年の頃には少し乾燥してかゆいな程度まで改善していました。

その後、酷いアトピー症状が出ることはありませんでした。

でも、2017年5月に現在の仕事をすることとなり、仕事は忙しく、生活のリズム、環境は大きく変わりました。

食事は外食が多くなり、仕事のストレスから甘い物を食べることが多くなり、睡眠時間も減ってきました。

そして、2017年9月末に急にひたいとアゴの下にかゆみと湿疹が出て、近くの皮膚科に通いアトピー性皮膚炎と診断されました。

当院へ来院する前の2か月間は塗り薬と抗アレルギー剤を使っていて、2017年の11月に来院することとなりました。

 

お体の状態

鈴木さんにアトピー症状以外のお体の状態をお聞きすると・・・

眠れない:寝ようと布団に入るとジワジワとかゆみが出てきて掻いてしまうし、寝つけない。朝の4時頃に眠たくなって寝てしまう

手足が冷たい:夏でも冷たくて、温めても直ぐに冷えてしまう

便秘:ひどいときは5日に1回で、それもスッキリしない

肩こり、首こり:凝っているのが当り前で、美容院に行っていつも「すごく肩、硬いですね」っていわれる

精神的に不安定:ちょっとしたことで落ち込んだり、不安感におそわれる

甘い物が欲しくなる:3食以外に常にお菓子類を食べている

不思議なことに日中はまったくといっていいほどかゆみがなく、仕事が終わって帰る準備をしている時や自宅に帰ってきていつも座っているソファに座るとかゆみが出てくる。

 

中川の考察

仕事でのストレスと生活リズムの変化によるストレス。

鈴木さんのアトピーが大人になって再発した原因はおそらく、仕事でのストレス、生活リズムの変化によるストレスが合わさって起こってしまったと考えられます。

一度はほぼ完治していたアトピーの再発。その絶望感とかゆみの不快感。

この痒みは治まるのだろうか?と想像するだけで、体にとっても、心にとっても相当なストレスです。

そして、アトピーこそ最大のストレスです。

ストレスは自律神経の神経系が興奮状態に陥ります。

すると、皮膚刺激の過剰感応が起こります。

 

自律神経が乱れると、皮膚刺激の過剰反応が起こります。

アトピー性皮膚炎でストレス状態になると自律神経が乱れます。

すると、皮膚が小さい刺激に対して過敏に反応するようになります。

例えば、人工の風(扇風機・冷房・暖房)、虫刺され、ほこり、汗、紫外線、花粉など身近な物に過剰に反応して炎症がひどくなります。

このように小さい刺激に対して過剰に反応するので、ステロイドなどの薬で一時的に炎症を抑えても、自律神経を整えない限りアトピー特有の痒みや炎症は改善されません。

そのため、一時的に症状が回復しても、また再び悪化するという悪循環をくり返す結果となってしまいます。

 

自律神経を整えるためには

筋肉の緊張を緩める必要があります。鈴木さんの場合は頚部・背部を緩め、交感神経と副交感神経のバランスを整えるために脊椎と骨盤を調整する整体療法を実施していきます。

鈴木さんの場合は特に顔(ひたい・ほほ・目の周り)・頚部にアトピー症状が強く出ていたため、頭皮・頚部・肩甲骨周囲を緩めていくことを継続しつつ、自宅での柔軟体操は首と肩、胸と背中を使う体操を多く取り入れ、運動不足解消のためスクワットをしていただきました。

症状が強い箇所に適切な刺激を入れることで徐々に改善する傾向が現れてきます。

仕事が終わるのが遅く、睡眠時間が短くなってきているしアトピーの痒みのせいで眠れないのが重なってましたので寝る前の痒みの対処法を実践していただきました。

また、外食と甘い物を多く食べていて食生活も乱れていましたので、食生活の乱れは腸内環境や免疫系も乱れることをお伝えし、今の鈴木さんの体にとって必要な食品、ビタミン、食べ方などをお伝えし実践していただきました。

アトピー症状の変化

下記の画像は初めて来院されて3か月後の顔と首の状態です。

画像でもわかるように、最初に比べて皮膚の落屑、浸出液、乾燥と炎症がほぼ落ち着いているし、痒みのレベルも10→3~4まで下がってきています。

ここまで一気に症状が改善したわけではなく、最初の1か月は同じ状態でしたが2か月後から一気に回復し、痒みも改善されています。

治療3か月後↓

中川治療室には子供のアトピーから大人のアトピーでお悩みの方が大勢来院されます。

そして、今までステロイドや抗アレルギー薬、漢方薬、民間療法(鍼灸、整体)を続けてもなかなか改善せず、それでも良くなりたいと散々探した結果 当院にお越しになられます。

中にはストレスで家族に当たってしまったり、今まで溢れていた笑顔がなくなっていく。本人はもちろん、家族の苦労もたいへんなものでしょう。

ですが、アトピーは必ず治ります。

しかも、あなただけの治り方があります。例えば10人アトピーの人がいれば、10通りのアトピーの良くなる方法があります。

考えてみれば当たり前のことです。人間の構造はみな同じですが、性別も違えば、体質も体格も違う、生活習慣の違うし、生活環境も違う、経過も違えば度合いも違う。つまり、十人十色。

これまであなたのアトピー症状が改善しなかったのは、あなたに合ったタイミングであったり一つの方向からしかアプローチしてこなかったからかもしれません。

一人ひとりの症状に合った方法であればなんでもいいんです。

治療方法にこだわらない、結果、回復している。

あなたの体は、あなた自身で治しているということ。

これを自然治癒力といいます。

自然治癒力を高めることこそアトピー改善の近道といいますか、これしかありません。

無料で相談もお受けしていますので遠慮なくご連絡ください。

 

【中川治療室のさまざまな情報が受け取れるLINEはこちらから】

下記をタップしてLINEで直接ご予約・ご相談は24時間OK

https://line.me/R/ti/p/%40jfg8423p

『追加』ボタンをクリックしてメッセージか絵を送ってください。すると個別のトークができる様になります。

※個別のやり取りなので決して他の人に見られることはありませんのでご安心ください。

 

【中川治療室アトピー専門ホームページ】

http://nakagawa-chiryo.com/atopic

 

【アトピーを克服された喜びの声】

http://nakagawa-chiryo.com/atopic/voice

 

【中川の想い】

http://nakagawa-chiryo.com/staff

中川治療室

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室