アトピー性皮膚炎:なぜ化粧をしてはいけないのか? 大阪西区のアトピー専門治療院

アトピー性皮膚炎:なぜ化粧をしてはいけないのか? 大阪西区のアトピー専門治療院

化粧品の真実

本来皮脂の油性成分は不飽和脂肪酸なので、酸化し易い性質があります。

これが日光を浴びることで酸化した皮脂となり表面を保護しています。

そして。この酸化された皮脂がないと皮膚のバリア機能は機能せず、角質細胞層もうまく作られないことが分かっています。

このバリア機能によって外の異物を皮膚内に入れないようなっているわけです。

そこで化粧品はどのような働きをしているのか?

化粧品などに石油系の毒物が入っていても、皮脂がしっかりしていれば体内の吸収されることはありません。

ですが、皮脂を壊す者が現代のすべての化粧品や経皮毒物には入っています。

それが合成界面活性剤です。

ナノ化されている化粧品でも、皮脂はすべてはじいてしまいますが、それを壊せば化学薬品でもナノ物質でも入ってきてしまうのです。

この合成界面活性剤は水と油を混ぜること、皮脂によるバリア機能を壊すためにこそ使われます。

そうすると皮脂は洗い流されたような形になり、皮膚が酸化するようになります。

皮脂は日光などによる酸化を手前で食い止めてくれているのですが、それを除去するため本当の皮膚が酸化してしますのです。

それにより化粧品による皮膚の炎症を引き起こしている可能性があります。

皮膚は本来、弱酸性になっているのは皮膚中の不飽和脂肪酸の影響ですが、化粧品が弱酸性でも肌に対する良し悪しは関係ありません。

合成界面活性剤がすべてを洗い流してしまいますし、また化粧品にもほかのものにも法的に防腐剤が入っていますが、この防腐剤も本来は皮脂にはじかれてしまいます。

それを打ち破るものこそ界面活性剤であり、石油系でない(植物性とか)と書かれているものも、界面活性剤が入っているのです。

通常の添加物がはいっていない石けんでも、生体にとってはいいことばかりではありません。

いわゆる合成界面活性剤フリーの飽和型石けんでは、正常な皮脂膜は洗い流されてしまうので、皮膚にとって必要な常在菌がいなくなり、その結果、肌荒れと炎症に影響してしまうのです。

これらをよくするには、身体の中から皮脂が作られる必要があり、それは脂を食事でどうとるかに直結してくるわけです。

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室
Top