左足の坐骨神経痛

患者

女性  40代  大阪市西淀川区在住

 

来院

平成28年2月

 

症状の特徴と経過

1月の末、近くの整骨院でマッサージを受け腰とお尻を強く押されてから、翌日から左のお尻から左足にかけて痛くなった。

3日後には左足の大腿外側と膝下の前面にしびれが出現。

また、時々左足の甲に痛みが出るようになった。

仕事はデスクワークで座っているとお尻から左足に痛みが広がってくる。

病院にてMRIを撮り「 腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛 」と診断される。

ブロック注射1回 痛み止めの薬で治療をしていたが改善しないためホームページを見て来院です。

 

既往歴

交通事故による頚部捻挫  右足関節の骨折

 

治療の内容と経過

左右の肩関節を検査してみると左の肩が下がっていて、左の肩関節が硬くなっていた。

左右の股関節を検査してみると右の股関節が硬くなっていた。

伏臥位で左右の膝を検査してみると左の膝が硬くなっていた。

 

検査で身体のゆがみが正確にわかります。

その検査を元に、身体を整え行くと。

 

まず、左右の差が大きい、右の股関節を調節すると、股関節の可動範囲と動きが良くなり

ジンジンしていた痛みが10→5となった。

次いで、右の肩関節を調節すると、更に左足の痛みが5→2となり寝返りをしても痛みが強くなることはなかった。

伏臥位で左の膝関節を調節し、痛みと動きの確認をする。

 

ほぼ痛みは無くなったが、しびれが若干ある状態。

 

右の肩関節を調節すつと、そのしびれもなくなった。

 

計5回で 症状も出なくなり治癒となる。

 

考察

腰椎椎間板ヘルニアと診断された症例ではあるが、椎間板ヘルニアになった原因を見つけ

その原因に対して施術をすると しっかりと改善する症例であった。

 

椎間板ヘルニアと診断されれば確かに 不安にもなるだろうが

原因があるものは当院ではほぼ改善することができる。

 

痛みやしびれは結果であって 原因ではない。

 

原因こそが左右が非対称の形である。

 

それを 巷では「 ゆがみ 」と呼んでいるが、ゆがみを根本的に解決する手段はない。

また、骨盤がゆがんでいるとか 背骨がゆがんでいるなど他の治療院ではよく耳にするであろうが

歪んませている原因にまでフォーカスするこが出来る治療院はまだまだ少ない。

 

今回、体のゆがみといっても左右の肩の硬さ 左右の股関節の硬さを整えることによって

腰への負担がなくなり、左のお尻から足にかけての痛みという症状は解消する。

 

左右のゆがみを整えることで症状がが大幅に改善した症例である。

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口 グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    四ツ橋駅からの道 西大橋駅からの道   

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室