【アトピー性皮膚炎】皮膚の保湿方法<アトピー専門整体 中川治療室 大阪西区>

【アトピー性皮膚炎】皮膚の保湿方法

皮膚の保水と保湿による肌の程度別による方法

肌の手入れとして保水・保湿の違いを意識したスキンケアをおこなうコツをお伝えしますね。

スキンケア商品は高いからといって良いとは限らず、人によって合う・合わないがあるのであなたの肌に合う保水薬・保湿剤を探す必要があります。

皮膚の状況で違いますので探す時のポイントについてお伝えします。

(1)軽い乾燥がある状態の皮膚

皮膚に傷がなく、軽い乾燥状態の皮膚にはローションで十分に保水し、クリームで保湿をします。
スキンケア後の乾燥が早いと感じる場合は、クリームの代わりに液状オイルを使うと効果的です。

(2)皮膚のひび割れ傷や炎症がないが乾燥が強い場合

ローション剤でしっかり水を補充し、保湿剤でしっかりと保湿します。保湿剤は塗りこまずやさしく手のひらで広げるように塗ります。

(3)皮膚のひび割れ傷や炎症があり乾燥が強い場合

まずオイルクリームひび割れ傷や炎症がある部位を充分に保護し、その他の部位は普通のスキンケアをします。
まずは傷や炎症のある皮膚をオイルクリームで保護します。

そして傷のない皮膚を刺激の少ないローションで保水し、次にモイスチャー成分の配合されたクリームで保湿、最後にオイルクリームまたは液状オイルで、水分の蒸発を防ぎます。

傷に直接クリームやローションを塗るとしみる場合があります。その際は水をローションに混ぜたり、カーゼに水を染み込ませ、後からサランラップを巻くラップ療法が効果的です。

アトピーには必ず正しいスキンケア方法が必要となります。

なかには脱保湿を進めている所もありますが、実際、乾燥状態の皮膚はバリア機能も低下している状態で感染しやすくなっています。

そのため、細菌などのアレルゲンが易々とと体内に入ってしまい、炎症を起こします。

保水・保湿をしないといけない時はしっかりとやります。

 

アトピー性皮膚炎でお困りの方はこちらへご連絡ください。

中川治療室

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室