知っているようで知らない「腰痛」のホントのこと!【大阪 四ツ橋 心斎橋 腰痛専門治療院 中川治療室】

知っているようで知らない「腰痛」のホントのこと!

日本人の8割以上の人が人生に1回は腰の痛みを経験していると言われていて、「腰痛大国日本」とまで言われています。

 

また、この腰の痛みは二足歩行になった人類の宿命とも言われていて、重い上半身を常に腰の骨と骨盤で支えることで人間の体で最も重要な部位になってしまったことが影響しています。

 

一言で「腰痛」と言っても様々な種類がありますし、当然のことそれぞれで症状にも違いがあります。

 

突然襲い掛かる腰の痛みとして「急性筋・筋膜性腰痛症」所謂ぎっくり腰があります。

 

一般的にはギックリ腰と呼ばれているもので、中腰で重いものを持つ動作で発症することが多いのですが、しゃがんだ時などの些細な動作で発症するケースもあります。中にはくしゃみをした時にぎっくり腰になる方もいます。

 

その症状はその場で動けなくなることが多いですが、時間の経過と共に徐々に痛みが増してくるケースもあります。

 

次に慢性腰痛の症状として多くみられるのが腰椎椎間板ヘルニアで、椎間板内の髄核という硬い線維が飛び出し脊柱管内の神経を圧迫することにより痛みが発生します。

 

実際は、椎間板ヘルニアになってしまうまでに腰周囲やお尻周りの筋肉が異常に硬くなって痛みが起こることがほとんどです。

 

たまたま、腰やお尻、足の痛みや痺れが酷くなって整形外科でMRI検査を受けると椎間板ヘルニアが見つかっただけにすぎませんが、「ヘルニアが原因です!」と言われます。

 

その症状は腰の痛みと片側の下肢痛で、稀に両側の下肢痛が出ることもあり、酷い場合は運動麻痺といって足に力だが入らなくなったり、立てないなどの症状が出ることもあります。。

 

また痛みによって疼痛性の側彎といって見た目からもわかるくらい身体が歪んでしまいます。

 

激しいスポーツによる疲労骨折で起こる腰椎分離症は、10才代から20才代前半に多くみられる腰の痛みです。

椎骨の後方部分である椎弓が骨折することで関節突起が前後に分裂してしまう状態で痛みが起こります。

 

この腰椎分離症は若年者に発症してしまって、そのまま我慢してスポーツを継続してしまうともう二度とスポーツが出来ない体になってしまうので、根性では治らないことを指導者やご家族の理解が必要ですので、子供の夢を奪わないようにしてあげてくださいね。

 

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱の変性によって脊柱管が狭くなってしまい脊髄や神経根が圧迫されて腰や下肢に神経症状が出現するものです。

脊柱管狭窄症の症状の特徴として間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられて、これは歩行により痛みが増強するけれども、座ったり、体を前かがみにしてしばらく休憩することで歩けるようになる状態を繰り返すことです。

 

このように様々な種類があってそれぞれの症状があるのですが、多くの場合で腰痛は原因不明であることがわかっています。

 

今、腰痛の85%が原因が不明であるというデータがあります。

 

しかし現実的には必ず原因はあるもので、原因不明と言うのは単にわからないだけです。

 

しかし、治癒するためには原因を解明することが大事で、何が原因なのか?が判明すれば腰の痛みは必ず解消できるものです。

 

では、具体的にどのような原因が考えられるのかと言うと、ストレートネックや猫背などの不良姿勢・長時間の同じ姿勢での仕事・重心の歪み・同じ動作による使い過ぎ・食べ過ぎ飲みすぎなどによる腹圧の低下・筋肉や関節の柔軟性の低下などがあります。

 

また、過去のケガや病気・関節の軸のブレ・外反母趾や内反小趾・偏平足などの足の変形も原因として考えられます。

 

つまり、不良姿勢や重心の歪みなど体幹の問題をはじめ、上肢や下肢など様々な要因全てが腰に負担をかけることで腰痛が起こるのです。

 

ですから、生活習慣や仕事の内容などを確認すると共に、関節の可動域・骨格の位置・重心のバランス・体の歪みなど総合的に判断して、根本的な原因がどんなことなのかを解明することで腰痛の治癒は可能になります。

 

ただ、レントゲン検査などで判断する整形外科などの病院では、検査で先に触れた内容を確認することは難しく「腰の骨に異常はないですね。 様子を見ましょう!」と言われるだけで、原因の解明につながらないことが多いです。

 

その点では腰痛専門の治療院の利用の方がおすすめと言えるでしょう。

 

腰痛専門の整体治療を受けて腰痛を改善したい方は一度、お電話ください。

TELL 06-6536-3982

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://nakagawa-chiryo.com/

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室