【症例報告】頚椎椎間板ヘルニアによる首の痛みと右手の痺れ;大阪・整体・ヘルニア専門院

【症例報告】 頚椎椎間板ヘルニアによる首の痛みと右手の痺れ (東大阪市在住の49歳 女性)

東大阪在住の患者様:治療前の状態「座っているだけでもツラい首から右腕にかけての痛みと痺れ」

 

【来院】

整形外科にて「頚椎椎間板ヘルニア」(頚椎5番と6番)と診断され、ロキソニンと湿布の処方され、一か月間ほど一週間に1~2回のペースで首の牽引治療を受けていた。

それでも、痛みと痺れが改善することはなく「頚椎ヘルニア 大阪」で検索したところ、当院のホームページを見て来院されました。

 

【既往歴】

・慢性的な首こり・肩こりがあり、マッサージ店や整骨院で揉んでもらっていた。

 

【痛む場所】

首から右腕にかけての痛みと痺れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【症状】

来院時の症状は、仕事がデスクワークで、座っての仕事中は常に右腕の痛みと重だるい感じと痺れがあり、仕事に集中できない状態。

 

特に体を前ががみにする・うなずく・トイレに座る・靴を履く・朝の起き始めなど痺れが強くなる。

 

整形外科で処方された鎮痛剤(ロキソニン)を飲むと少し痛みがましだと感じる程度で、薬が切れると同じ症状が出て改善はしない。

 

デスクワークなので座っている時間も長く、痛みと痺れに耐えながら仕事をしていていました。

 

【その他の症状】

首こり・肩こりは常に感じている。

 

【検査】

ここまでの痛みと痺れは初めての経験で、「頚部椎間板ヘルニア」と診断されたでとても不安感を持っておられる様子でした。

 

まず、仕事に集中できるようになりたい。座っているだけでツラい痛みと右腕の痺れから一日でも早く解放されたいという強い気持ちが感じられました。

 

検査をしてみると、右の胸鎖乳突筋と僧帽筋に圧痛と緊張あり・右の大胸筋鎖骨部に圧痛と緊張ありました。それ以外にも右肩関節と右股関節の可動域制限がありました。

 

・首を左右に回す動作、特に右に首を回すと痛みと痺れが悪化

・首、肩甲骨の内側に放散痛

・上腕前面~前腕の外側にかけてだるさあり

 

【治療と経過について】

 

初回の写真        

右の肩が下がって、右の骨盤が上がっているのがわかると思います。

これは、背骨が曲がっているとか、骨盤が歪んでいるということではりません。

「歪み」=「骨が歪んでいる」のは間違いです。

骨が歪むことは決してありません。 それは骨折かまぎれもなく骨の病気です。

話を戻します。

この患者さんの場合は左の僧帽筋が緊張して、右の大胸筋と広背筋が緊張しています。

するとこのような歪んだ姿勢となります。

この歪みを整えるためには無理やり腰を捻ってボキボキしたり、腰を牽引したりするような力任せの治療では間違いなく整いません。

歪みを整えるためには力はまったく必要がありません。

身体にとって自然に歪みを治す刺激を入れるだけで変化をしていきます。

6回目の施術後に突然、自宅で座ってテレビを見ていると、最初と同じような症状。

首から右腕にかけての痛みと痺れがでて、「なぜ、ここまで回復していたのに・・・?」と不安がられていました。

そこで、諦めることなく治療を受けていただいた結果が・・・

8回目の写真

 

左右の肩の高さと左右の骨盤の高さが揃っているのがわかると思います。

 

ということは、左の僧帽筋の緊張・右の大胸筋と広背筋の緊張がなくなっている証拠です。

 

頭は約5~6㎏あります。 その頭を首と肩、背中、胸の筋肉で左右均等に支えている状態が正常です。

 

左右均等に頭を支える状態に体を整えることで、症状は改善します。

 

8回目で痺れは若干あるけど、首から右腕のかけての痛みは消失しました。

 

今まで仕事を集中して出来なかったが、「諦めること治療をしてきてよかったし。治るんだと安心しました。」とうれしい報告です。

10回目の整体治療後に、痺れも消失し今回、「喜びの声」をいただきました

〇当院へ来られる前はどんな症状で悩んでいましたか?

右腕の痺れと痛み

普通に座っているだけでも痛かったので、食事をしてもおいしくないし、

仕事にも集中できませんでした。

〇それらの問題を解決するためにどのようなことをしてきましたか?

整形外科で1か月ほど首の牽引治療を受けていましたが、あまり改善されずしびれだけでなく痛みも出来てきたので、知人に「整体に行ってみたら」と言われ、ネットで探しました。

こちらを選んだ理由は仕事帰りに通院しやすかったので単に治療時間が短いと言う点でした。

すみません。 でも正解でした。

〇当院へ来院されて現在の状況は最初とくらべ、どう変化しましたか?

週一のペースで約2か月治療を受け、このままで本当に治るのかなと思った時期もありましたが、今では痛みもなく、しびれも完全ではありませんが、気にならない程度にまで回復しました。

自分ではそんなに姿勢も悪い方ではないと思っていたので、ゆがんでいると言われた時はショックでしたが、今はちゃんと治しておかないとと思い、がんばって通院しました。

アドバイスも無理せず日常生活に取り入れることが出来ることだったので実行できました。

〇最後のあなたと同じ症状でお悩みの方へメッセージをお願いします。

今まで幸運にも大病やケガをしたことがなかったので、大袈裟ですが、普通に生活できることの有難味がわかりました。

これからは、せっかくここまで回復して頂いたので、のど元過ぎればなんとやらにならないように維持していきたいと思います。

本気で頚椎椎間板ヘルニアを改善したいあなたへ

こちらをクリック ↓

http://nakagawa-chiryo.com/keitui

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室