坐骨神経痛はマッサージや痛み止めの薬で治るのか?【大阪市 腰痛整体院 中川治療室】

坐骨神経痛はマッサージや痛み止めの薬で治るのか?

 

お尻から太もも裏、ふくらはぎ、足の裏にかけて痛みやジンジンした痺れをおこすのが

『坐骨神経痛』と呼ばれます。

 

体を前かがみにしないと歩けなかったり、横になっても痛いから椅子に座ったままで安静にしておかないと痛みに耐えれない人までいる。

 

そして、多くの坐骨神経痛で悩む方々は最初に間違った対処をしてしまって
薬・ブロック注射・マッサージ・整体etc・・・なにをしても痛みが治りにくい状況になっている。
今回は坐骨神経痛において注意しておきたいことを書いていく。

 

そもそも坐骨神経痛ってなに?

坐骨神経痛とはよく耳にするけれど一体なんなのか?

 

「腰痛のひどい番でしょ?」

「ビリビリしたしびれが出るやつでしょ?」

「温めると 治るんでしょ?」

とこんな感じにイメージされることが多い。

 

では坐骨神経痛とは一体なにが原因で、どこがどうなっているのか?

ということを説明していきます。

 

【坐骨神経 自体が傷ついているの?】

 

坐骨神経痛と聞くと神経が傷ついていると思いがちですが、実際に神経が傷ついてはいません。

 

もし、神経が傷ついているのであれば、痛みではなくて麻痺がでます。
坐骨神経は、お尻や太ももの筋肉の緊張を痛みという信号で感知しているだけで、

神経そのものが傷ついて痛みを出しているわけではありません。

この、考え方が治療結果を大きく左右させるのです。

また、『坐骨神経痛』という名称だから病院では筋肉の緊張を取り除く発想がなく、

ブロック注射や痛み止めの薬などの対処療法しかないのが実情です。

整骨院や整体院では最近流行っている、筋膜マッサージや深層筋マッサージなど行っている治療院が多い。

 

そもそも、筋肉が硬くなった原因を追求せずに、ただそのコリの治療をしていて、やってもらった後はスッキリするが後に痛みが強くなる場合があるので注意が必要です。

 

【正しい坐骨神経痛の対処法は?】

痛みの程度は人によってそれぞれ違います。
痛みがあまりにも強い場合はまずは痛みを緩和させていくことが必要となります。

 

まずはアイシングです!

 

えっ? 神経痛って温めるんじゃないの・・・

 

実は、温めていい場合とダメな場合があります。

 

例えば、痛い場所を自分の手のひらで触って、手のひらより冷たい場合は温めます。

逆に、手のひらより温かい場合は冷やします。

 

これを間違ってしまって、患部が熱をもっているのに温めてしまうと、激痛に襲われてしまいます(*_*)

 

次に姿勢によっては痛みが緩和する体勢があると思います。
その体勢を探してそこで身体を休めてあげることが大事です。

 

例えば、こんな姿勢・・・

 

【治る人と治らない人の違いは?】

この違いは何なのか?

 

年齢のせい?

脊柱管狭窄症だから?

椎間板ヘルニアがあるから?

体が硬いから?

体重が重いから?

仕事の負担が大きいから?

動かし過ぎているから?

多くの人は、これらの理由を思い浮かべるかと思います。

 

でも安心してください。

すべて医学的根拠が無いものばかりです。

 

根拠が無い=思い込み・迷信ということです。

 

年齢のせい?

高齢の方でも治っている人は多い

 

脊柱管狭窄症だから?

骨が変形してても症状がない人の方が多い

 

椎間板ヘルニアがあるから?

健康な人の約60%にヘルニアがある

体が硬い?

体が硬いのが原因なら、世界中のほとんどの人が坐骨神経痛になってる

 

体重が重いから?

お相撲さんは全員 神経痛になってる

 

仕事の負担が大きいから?

仕事の負担が多い人はすべて神経痛になってない

 

動かし過ぎているから?

運動している人みんな 神経痛にはなってない

 

迷信というか間違った情報を信じていることの方が、健康にとって有害になります。

 

それは、

痛い所だけに意識が向くことになり、

「いつ治るの?」「本当に治るの?」などの不安や恐怖心を持つことになり、

「悪い病気なんじゃないの?」と悪い未来を予測してしまったり

 

を考え続けると、悪循環をしてしまいます。

 

治らない人がやるべきことは1つ

 

正しい情報を知ることです。

 

【病院での坐骨神経痛の治療法は?】

・内服治療

内服治療は、ロキソニンやボルタレンなどの鎮痛薬で坐骨神経痛の痛みをやわらげることを目的にしています。

 

原因となる病気を完全に治すことはできませんが、痛みが軽減する場合もあります。

・リハビリテーション(マッサージ、電気治療など)

確かに痛みをだしている筋肉をほぐすので有効な手段にあると思います。

 

坐骨神経を圧迫している筋肉に対して筋肉をほぐしていくと、一時的には緩みますが、

筋肉が硬くなった原因がわからないままほぐしていくと更に筋肉は硬くなります。
つまり、筋肉に対してのマッサージでは症状が変化しなくなっていきます。

・ブロック注射をうつ

痛みを瞬時にとめる魔法のような注射です。
治すというよりはその場をしのぐという目的です。

 

その痛みを一時的に止めるという目的を達成するにはとても効果的です。

 

でも注射の効果がなくなったらどうしようもないわけです。
次いつ痛みに襲われるんだろ?という不安と戦うことになります。

【本当に坐骨神経痛に必要な治療法は?】

痛みを出しているのは筋肉です。
では筋肉を悪くするのは何なのか?を見つける出す。
そして、その問題をしっかり治療することで頑固な坐骨神経痛がスッキリしていきます!

 

「こんな 簡単に 治るんだ!!」ってなります。

 

実際に坐骨神経痛を改善させた人の笑顔

日常生活が普通に送れるという喜びを感じています。

痛みも気にならなくなって旅行にも行けました!

和歌山市から通った甲斐がありました!

 ゴルフが出来るようになりました!

 

まとめ

 

坐骨神経痛を

 

自分で治したい

 

簡単に治る方法を探しいる。

 

坐骨神経痛を治すストレッチ方法を探してやっている。
とても大事ですがしっかり原因に対してアプローチしないと努力が無駄になります!

 

正しい情報を知ってくださいね。

 

〒550-0014

 

大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604

 

中川治療室

 

TELL 06-6536-3982

それでも改善しない腰痛・足のしびれが続く場合は・・・

こちらをクリック⇓ 必ず良くなる答えが見つかります。

http://nakagawa-chiryo.com/zakotsu (坐骨神経痛)

http://nakagawa-chiryo.com/hernia (腰部椎間板ヘルニア)

http://nakagawa-chiryo.com/kyousaku (腰部脊柱管狭窄症)

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室