゙腰痛゙治療家も知らない腰痛治療の重要なポイント【大阪市西区の腰痛専門整体院】

゙腰痛゙治療家も知らない腰痛治療の重要なポイント

 

今回は腰痛の原因から治し方の秘訣までに絞って説明します。

 

ぜひ読んで頂きたい方は病院や整骨院、鍼灸院、整体院やカイロで治らない方。

手術を絶対にしたくない方、腰痛を真剣に改善したい方です。

 

「ありとあらゆる治療をしてきた。それでも治らない腰痛をなんとか治したい」

「有名な病院、整骨院、整体院に通っても腰の痛みは治らない」

「腰が痛くて仕事を休まないといけない」

「一生、この腰痛と付き合っていくしかないのか」

「自分でできる効果的な腰痛が予防できる方法をしりたい」

 

当院には腰痛・足のしびれで悩んでいる人が多く来院しています。

 

そこで培った腰痛の本当の原因と腰痛治療のポイントをお伝えします。

それを知ることで薬や手術に頼ることなく腰痛の正しい治し方がわかります。

 

大事なポイントはくり返してお伝えしていますので、腰痛の原因と解消に導く方法をすぐに理解して頂けます。

間違だらけの腰痛治療:実は腰痛の8割が原因不明、その理由とは?

 

厚生労働省の調査結果、「全国で2800万人」概ね「4人に1人」が腰痛に悩まされているという調査結果が発表しました。

そして、腰痛の85%の原因が分からないとされています。

 

あなたも今までこの様な経験はないですか?

 

お医者さんに

「どうしてこんなに腰が痛いんでしょうか?」

と質問しても、

「たぶん〇〇でしょう」

というあいまいな答えしか返ってこなかった経験があるかもしれません。

 

レントゲンやMRI画像の結果、

「腰の椎間板が飛び出て、これが神経を圧迫しているから痛いんですよ」

と説明された場合、

「では、どうして椎間板が飛び出したのでしょうか?」

と、なぜ椎間板が飛び出たのか?を質問しても、

 

多くの場合は

「腰に負担がかかっているからです。」

という答え。

 

本当の原因を答えられる医師がほとんどいないのが今の腰痛治療の現実のようです。

 

このような声が多数聞かれます。

 

ほとんどの医者や治療家は

「腰痛は椎間板が飛び出て神経を圧迫しているから」

「背骨が曲がっているから」

「骨と骨の間が狭くなっているから」という、

画像による骨の変化は発見できたとしても、

「なぜ椎間板が飛び出たのか?」「何が原因で腰痛が起きているのか?」

という根本の原因を答えられません。

なぜ、腰に「異常がない」のに、腰が痛いのか?

レントゲンやMRIによる診察で、腰の骨に異常がない場合も多くあります。

 

お医者さんから

「骨には異常がないですね。 薬出しますんで様子を見ていきましょう。」

こんな経験ないでしょうか?

 

実は厚生労働省資料によると、なんと腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常がわからないとされています。

 

そのためお医者さんからは

「安静にして様子を見ましょう。」と伝えられ

「痛み止めの薬や湿布」や「ブロック注射」で痛みをごまかしていく方法が取られます。

 

突然、腰が痛くなる「ぎっくり腰」の原因もレントゲンやMRI検査で見つけることができませし、たまたま見つかった「椎間板ヘルニア」が原因だ。なんてことがあります。

 

結局、原因がわからず、腰痛に悩み続ける患者が多くなっています。

 

病院で腰痛の原因が分からないのは、レントゲンやMRI画像に写った異常のみを信じていて、

筋肉の過度な緊張や、腰痛を引き起こしている体の歪みは発見できないからです。

 

腰痛の本当の原因については、この後じっくりお伝えします。

 

腰痛治療で行われている対症療法

 

病院では腰痛の原因が特定が出来ないまま、電気治療やリハビリ、薬やブロック注射、コルセットや手術など、その場しのぎの対症療法が行われている。

 

椎間板が飛び出しているからと手術して椎間板を取り除いたり、腰が痛いから痛み止めを飲んで痛みをごまかしても、背骨から椎間板が飛び出した原因や腰痛が出る原因が何も解決していないため、たとえ手術しても、1年~5年で椎間板ヘルニアが再発したり、激痛から解放されても慢性的な腰痛に悩まされている人が大勢います。

 

このような対症療法は一時的に痛みがなくなったと勘違いしますが、問題を起こした原因は残ったままなので根本的には何の解決もしていません。

 

腰痛治療で見落とされている事実:腰痛の原因は腰にない事の方が多い!

現代医療では腰のみに注目していますが腰痛に関しては、この考え方が大きな落とし穴になっています。

なぜなら、腰痛は腰だけが悪くなって起こっているわけではないからです。

 

体は背骨、肩甲骨、骨盤、仙骨、股関節、膝関節、足関節など、体の骨格はすべてつながって出来ています

 

そして、骨だけでは体を支えていません。筋肉が体を支え、骨を動かしています。

 

さらに、筋肉も勝手に動いているわけではありません。

筋肉も神経によって動かされています

 

神経の伝導・筋肉・骨が連動してスムーズな運動が出来ます。

立つ、座る、歩く、走る、跳ねる、物を持ち上げる、投げる、蹴る、どの動作も、体全体(神経と骨と筋肉)がスムーズに連動しているからできる動きです

 

人間は動物です。 動く物です。「動く」ように出来ています。

 

しかし「体全体の連動」のどこかにゆがみやねじれ、圧迫が発生すると、体の一部に負担がかかるようになります。

 

この状態が長く続くと、歪んだ家のドアがスムーズに開かないように体もスムーズに動かなくなります。

 

その結果、負担がかかった体の一部に痛みという警告!!を発生させます。

 

この痛みが、腰に出たのが腰痛です。

 

特に、腰は二足歩行の人間にとって体の要(かなめ)と言われるように、最も負担が大きいため痛みが出やすい場所になっています。

 

あなたの腰痛の原因はズバリこれです!

 

体に痛みがあるという状態は、

「体の異常事態」を私たちに知らせてくれる警告です。

「何か、体に起きてはいけないことが起きている!」という、危険を知らせる体からの叫びなのです。

 

では、体はどんな時に腰痛を発するのでしょうか?

 

まず、それには体の構造を知るととっても理解しやすくなります。

 

私たちの体は、体格、性別、人種の違いがあっても、同じ基本設計のもと、同じ骨格、同じ筋肉、同じ神経を備えています。解剖学的には大差ありません。

 

人間の体は中心線をはさんで左右対称。右肩と左肩、右の骨盤と左の骨盤、右膝と左膝すべてが左右対称になっていて、この左右対称の状態がバランス良く左右が同じことができるようにデザインされています

 

骨や筋肉、じん帯、腱などの作りも、左右ともすべてまったく同じ位置にあるはずなのです。

体の構造は左右対称で重力があるところで立つ状態が最も強度が高く、最高の持久力を与えるのです。

 

人間の体を正面から見ると、左右が同じ位置に肩関節、股関節、ひざ関節、足関節の8つの関節を、縦横に直線で結ぶと、すべてのラインが直角に交わり、左右対称になっていることに気づきます。

 

この8つの関節は、体をしっかり支え動くために左右対称に位置にあるのが本来の位置です。

 

これを「設計図」と呼んでいます。

 

例えば、パソコンでもスマホでも設計図通りに作られているから、正常に動きます。

 

人の体も同じで、設計図通りの形だから正常な働きが出来るのです。

 

そのどれか1つでもずれてしまうと、しだいに体本来のバランスのとれた骨格が失われ、ゆがみが生じていく原因となります。

 

人間の体は、神経、骨格や筋肉などがすべてつながっていて、連動して機能しています。

そのため、何か痛みやしびれある場合に、腰だけに注目して回復させようとしても不十分です。

 

腰痛は、体全体のゆがみが原因であることが多いため、体全体のゆがみをとり、

機能低下している筋肉を刺激し、再び正常に動くように再教育し、

体全体の歪みを使えるようにすることが最も重要になります。

 

1か所をかばうために起きる体全体のゆがみと腰痛

 

人間の体は左右対称の形でスムーズに動くように出来ています。

 

しかし、日常悪い姿勢(足を組む、寝転がってテレビを見る、横すわり、ソファに寝転がるなど)、運動不足、睡眠不足、暴飲暴食などで体は本来の姿勢を失い、筋肉と骨格の関係がアンバランスになってきます。

 

そうすると、体の左右のバランスが崩れいき、それをかばいあうために「代償運動」といって

お互いの動きを助け合うようになります。

 

例えば、足をケガして、痛めた足をかばって歩くと体は、本来使うべきでない筋肉に助けを借りて、その痛めた場所を「かばう」ようになります。

 

この「かばう」という行為が「代償作用」を引き起こします

 

体がゆがんでスムーズに動かなくなり、一部に負荷がかかり「これ以上危険です」という合図が、腰の痛みとして教えてくれているのです。

 

腰痛の原因は、腰にはありません。

 

体のどこかが「歪み」、その歪みが「腰」に負担をかけ痛みが出た。

 

そうなると、腰痛に対しての対処法は決まります。

 

腰痛を解消するためには、「体のゆがみやねじれ」と「筋肉の機能不全」を整え、再び体をスムーズに動かせる状態にすることです。

 

手術やブロック注射、マッサージや骨盤矯正、牽引(けんいん)治療で、痛みが治らない理由がここにあります。

 

体の歪みで筋肉が機能不全を引き起こしているため、腰だけに注目しても、腰痛は一時的に楽になることはありますが、完治せず、しばらくすると痛みが再発するといったことが起こるのです。

 

背骨と腰痛の関係を知る!

背骨は24個の椎骨(ついこつ)が積み重なって出来ています。

 

中には脊髄といって神経が通っています。

 

もし、背骨の周りに筋肉がなければ、立つことも、座った状態を維持することも、寝返りも出来ません。

 

人間が直立し、重い頭を支え、歩いたり、動いたりできるのは、この背骨のS字カーブとそれを支えている強い筋肉があるからなのです。

 

背骨に関係している痛みとその原因

 

背骨はいわば、重力に逆らって動く人間の体を支える、強く柔軟な支柱のようなものです。

しかし、この背骨を支えている筋肉のバランスが悪くなるとどうなるでしょう?

 

テントを想像してもらうと分かりやすいです。

真ん中に支柱があって、左右のロープが均等に引っ張っている時はテント倒れませんが、右のロープを引っ張るとテントは右に倒れてしまいます。

 

人間の体も同じです。 右の筋肉が引っ張ると右に傾いていきます。

 

筋肉が左右バラバラで体を支えるようになると、背骨が健全なS字カーブを失って、腰痛や坐骨神経痛などの痛みやしびれを伴うさまざまな症状が現れます。

 

腰痛を起こす原因だとされている椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性腰椎症など、

それらは、左右の筋肉のアンバランスにより少しずつ背骨や骨盤が歪み、限界を超えた時に

痛みというサインを出します。

 

交通事故、高所からの転落などを除き、腰痛がある場合、背骨や骨盤を正しく保つ筋肉が正常に機能しないために起きます。

 

その本来の働きをしていない筋肉のバランスを整え歪んだ背骨と骨盤を元に戻せば、痛みは消えるます。

骨格のゆがみを引き起こす原因とは?

なぜ、体がゆがむのでしょうか?

 

例えばこんなことが体の歪みを作ります。

・デスクワークで長い時間座りっぱなし

運動不足、歩くことがほとんどない生活習慣

足を組んで仕事をする

・ソファで寝転がってテレビやスマホを見ている

・スポーツで同じ方ばかりつかう競技をしている(ゴルフ・野球・テニスなど)

 

不自然な状態が長期にわたって続くと、知らず知らずのうちに体のバランスが崩れ、体がゆがみはじめるのです。

 

結果として、一番ふたんの強い腰が痛くなってきます。

 

体のゆがみは、骨を支える筋肉が上手く機能していないことが原因となっています。

 

治療院で矯正してもらっても直ぐに元に戻ってしまうのは、左右の筋肉のアンバランスが体の歪みを作っているのだから、いくら力任せに骨を矯正しても無理なのはわかりますよね。

 

筋肉はもんでもらったり、矯正してもらった直後は、一時的にゆるんで柔らかくなった感じはしますが、長続きはしません。

 

腰痛の治療法を選ぶ6つ重要ポイント

ここまでお伝えしてきたように、勘のいいあるあなたならもうお分ですよね。

 

腰痛治療では、体は連動して動いていることから、背骨、仙骨、骨盤矯正など一か所だけに集中するのではなく体全体の骨格と筋肉を正しく使えるようにすることが重要だということが分かります。

 

あなたの腰痛を治療するための解消法を選ぶ6つのポイントをお伝えします。

 

  1. 腰痛の原因をしっかりと見極めることが出来るか?
  2. 腰痛の原因をしっかりと治療する技術を持っているか?
  3. 日常生活のアドバイスやセルフケアを指導してもらえるか?
  4. 腰痛患者さんを治している実績を証明してる?
  5. 国家資格を持って解剖学や生理学・運動学など医学の基礎をしっかり学んでいるか?
  6. 臨床経験が豊富か?

 

病院や治療院でも、腰痛解消に必要な上記6つのポイントに沿っているかチェックしてください。

 

世の中には様々な腰痛体操や腰痛ストレッチがあります。

 

何かしら選ぶ際には、正しく使われず左右のバランスの悪くなった筋肉を再教育できる体操であること。

 

そして、痛みがある体で腰痛体操や腰痛ストレッチを行っても無理をさせることのない体操であったりストレッチ方法であること。

 

ぜひ上記6つのポイントを押さえて治療院を選んでください。

自分で解消するのではなく、整体院、整骨院、カイロプラティックなど他人に助けを求めることもできます。

 

特に、整体やカイロプラティックに通っても、痛みが繰り返すという場合は、体のゆがみを引き起こす筋肉を治療できていないからです。

 

病院を転々としても、治療院に何度通っても痛みが繰り返す場合は、根本的な解決ができる治療院がおススメです。

 

まとめ

腰痛の原因から腰痛を治す秘訣までお伝えしてきました。

 

腰痛は正しく動くはずの骨格がゆがんだ結果であり、体がゆがむのは、筋肉の左右のバランスが悪くなった状態で長い間 使い続けることで起こります。

 

バランスが崩れ、腰痛という痛みの警告メッセージが出ている場合は、腰痛を引き起こすゆがみの原因となっている筋肉を整え体のゆがみを解消していくと、腰痛は改善していきます。

 

大切なポイントは、腰痛だからと言って腰だけに注目しないこと。それでは今までの治療方と同じで治る見込みは低くなります。

それでも改善しない腰痛・足のしびれが続く場合は・・・

こちらをクリック⇓ 必ず良くなる答えが見つかります。

http://nakagawa-chiryo.com/zakotsu (坐骨神経痛)

http://nakagawa-chiryo.com/hernia (腰部椎間板ヘルニア)

http://nakagawa-chiryo.com/kyousaku (腰部脊柱管狭窄症)

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室