痛み止めの注射をしても良くならない腰痛<大阪市・西区の整体 中川治療室>

痛み止めの注射をしても良くならない腰痛

 

 

 

大阪市西区の整体院 中川治療室の中川 展志です。

 

 

 

腰が痛くてどうにもこうにも我慢できなくて整形外科に行く。

そこで、魔法の薬 痛み止めの注射です。

 

 

人によっては一発で治っちゃう人もいます。

 

 

 

それで腰痛が再発しない人は大丈夫です!

注射が合っていたんですね。

 

 

 

ですが、なかには再発する人もいます。

 

 

 

 

そして「椎間板ヘルニアだね」と診断される人もいます。

 

 

 

【今日の内容】

 

1  痛み止めの注射を打つことのメリット

2  問診と検査で良くなるのかわかります

3  整形外科で注射を3回も受けているのに変わらない場合

 

 

 

1 痛み止めの注射を打つことのメリット

 

 

 

痛み止めの薬なので文字通り痛みを止めるための物です。

だから、即効性はあります。

 

 

 

特に立てないぐらい痛いとか足をひきずってしまうような場合はすごく便利な時があります。

 

 

 

仕事で休めないときとか、旅行が明日に迫ってキャンセルするとキャンセル料がかかるからと、そんな時はものすごく有難いです。

 

 

痛み止めの注射を打つメリットは即効性があって、どうしてやらねばって時に役立ちます。

 

 

 

2  問診と検査で良くなるのかわかります

 

 

 

僕らの業界って医者から嫌われいるし、嫌っているところもあります。

 

 

 

僕からすれば、病院にお世話になっていること多くない?

と言いたくもなります。

 

 

 

僕も高熱が3日間も続いて動けなくなった時、点滴を打ってもらって即効で治ったし。

 

 

 

病院へは何科へ行くのか、しっかり調べていきましょう。

 

 

 

ですが、病院で検査をして、その結果、注射を打っても治らない腰痛には注意が必要です。

 

 

 

それは、病院の検査ではわからないこともあるということ。

 

 

 

レントゲンを撮っても、MRIをしてもわからい腰痛へどこへ行けばいいの?という迷いです。

 

 

 

腰痛の原因は人によって違います。

 

 

 

例えばデスクワークをしている人の腰痛、立ち仕事をしている人の腰痛、車によく乗る人の腰痛など、仕事や生活習慣で違います。

 

 

 

どうなったら病院にいき、どうなったら整骨院や治療院に行くべきなのか?

 

 

 

これについてはあなた自身が判断するしかないと思っています。

 

 

 

なぜなら、こうなったら来てくださいの基準がそれぞれの治療院の考え方があるからです。

 

 

 

でも、僕がもし酷い腰痛ならば

あくまでも、これは自分の場合ですが、まずは病院にいきます。

 

 

 

なぜなら、ここまで酷い腰痛の場合、大きな病気ではないか?

これが心配だからです。

 

 

 

特に、内臓の病気や癌などで腰痛を起こしている場合があるので、病院に全く行ってない人には検査をお願いしています。

 

 

 

そこで、検査をして内臓などの異常がない場合は、はじめて腰を治してくれる治療院にいきます。

 

 

 

たかが腰痛と侮ってはいけないですよ。

 

 

 

僕は「腰痛でも他の病気はないか?」という事を判断してもらいます。

 

 

 

病院で精密検査しないで不安なまま、あれやこれやと悩むことに時間を使いたくないっていうのが一番の理由ですね。

 

 

 

ですが、病院で検査しても腰に異常がなく痛み止めや湿布でも治らない場合は

僕たちの出番となります。

 

 

 

うちの場合は、検査と問診でほぼ決まると考えています。

 

 

 

僕なりの検査基準というものがあります。

 

 

 

何の検査?かというと

 

 

 

この痛みの原因は筋肉なのか?関節なのか?神経なのか?

それともまたは別の問題なのか?

 

 

 

それを調べるために行う他動検査・自動検査・静的検査と様々な検査をしていきます。

 

 

 

こういった検査を事前に行う事でこの腰痛は治せる、治せないというのがわかります。

 

 

 

勿論、治せない腰痛というのはあります。

 

 

 

ですが、多くの治療院はそれすらもわからないので結果が出るのに長い時間かかってしまいます。

 

 

 

気づいたら手遅れでした。もう手術しか方法がなくなっていた(T_T)

なんてならないように検査と問診には力を入れています。

 

 

 

3  整形外科で注射を3回も受けているのに変わらない場合

 

 

 

整形外科で痛み止めの注射を打ってもらっても変わらない場合は、

ほぼほぼ別のところに原因があります。

 

 

なぜなら

痛みが止まらないってことは腰に問題はなくて他のところに問題があるからです。

それを見極めずに、闇雲に治療をしても効果は期待できないです。

 

 

 

もし、現在そのような状況でしたらすぐにお電話ください。

 

 

 

僕ならばあなたの腰痛を楽に出来るかもしれません。

 

 

 

その位、僕には自信があります。

 

 

 

普通の事が、普通に出来るって有難いですよね。

 

〒550-0014

大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604

TELL06-6536-3982

それでも改善しない腰痛・足のしびれが続く場合は・・・

こちらをクリック⇓ 必ず良くなる答えが見つかります。

http://nakagawa-chiryo.com/zakotsu (坐骨神経痛)

http://nakagawa-chiryo.com/hernia (腰部椎間板ヘルニア)

http://nakagawa-chiryo.com/kyousaku (腰部脊柱管狭窄症)

当院へのアクセス情報

住所〒550-0014  大阪府大阪市西区北堀江1-15-7 レガーロ北堀江604
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話06-6536-3982

入口の注意点

入口
グーグルマップだけを見ると、入り口を間違ってしまう方が多いです。下記画像で入り口の方向をご確認いただければと思います。    
四ツ橋駅からの道はこちらをクリック
西大橋駅からの道はこちらをクリック
  

四ツ橋駅からの道

四ツ橋①四ツ橋駅の6番出口を右に行きます。
四ツ橋②すぐ横の右の道を進んでいきますと、ファミリーマートがありますので、交差点を直進してください。
四ツ橋③ホットモットが右手側に見えてきます。そこをを直進すると、交差点があり、その交差点を真っ直ぐに渡ります。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。

西大橋駅4番出口からの道

四ツ橋①長堀鶴見緑地線4の西大橋駅4番出口を上がり、すぐ左横の道を進みます。
四ツ橋②歩いていくと、左側にローソンのある交差点が見えてきます。直進してください。
四ツ橋③すると角にパーキングのある交差点が見えてきます。そこを左に進みましょう。
四ツ橋④約50m進むと、1階に№1という焼肉屋さんがあるマンションビルがあります。そこの横のマンションに当院があります。
四ツ橋⑤横の入り口に入っていただき「604 呼び出し」を押してください。
四ツ橋⑥「はい、中川です」  オートロックを解除しますのでお入りください。
中川治療室 中川治療室